旅のレポートをこちらに綴っております。旅をされる参考になれば幸いです。
by torotoro-tabi
カテゴリ
広島県呉市
広島県江田島市
広島県尾道市
広島県竹原市
広島県福山市
広島県その他
奈良
京都
東京
岡山
鎌倉
四国地方
ハワイ
その他のジャンル
神田神保町界隈
大学2年生の娘に誘われて、この夏「東京〜鎌倉」を旅してきました。
行きは広島駅から東京日本橋までの高速深夜バスをはじめて利用。
12時間も乗るので腰痛が出ないか不安でしたが、大丈夫でした。
i-padminiでレンタル映画を観たりしながらのバスの旅、
ゆったりできて楽しかったです。

東京1日目。

朝9時半ごろに到着。
これぐらいの時間からスタートできるのもとってもよかった。
日本橋 純喫茶ルイーズでモーニングを一緒に食べた後、
娘は用事があるため昼からは別行動に。
私はずっと行きたかった 神田神保町へ向かいました。


a0347200_21414323.jpg





















ずっと行きたくて憧れていた世界一の古本街神保町!
思う存分楽しむため、昼から夕方までずっとここにいることに。
遅いランチは インドカレーカーマで名物チキンカレーを食べました。


a0347200_21420483.jpg
































カーマでカレーをいただいた後、
少し歩くと本で見た憧れの山の上ホテルが!
(ステキ〜いつか泊まりたい)
近くにそびえ立つのは明治大学の校舎!!
ランチの後も古本屋さんをいろいろ覗きます。
呂古書房さんは豆本がたくさんありました。
一心堂さんはかなりツボな店で3冊購入!
他2カ所でも購入、神保町では6冊買いました。
(まだまだ欲しい本はたくさんあったのだけど...)
只今喫茶ラドリオにてウインナーコーヒーで休憩。
夜はいとこと久々の再会!おしゃれなバーで冷たいビール!
娘とも無事合流して、泊めてもらう叔母の家へと帰宅。
子どもの頃は毎年春に母と妹と行っていた東村山の叔母の家、なつかしい。
8/17から8/19までお邪魔することに。

[PR]
# by torotoro-tabi | 2015-08-20 21:39 | 東京
近鉄大和郡山駅周辺を歩く。
明日香村で昼食後、近鉄橿原神宮前駅にもどり、こんどは大和郡山を目指します。
奈良にいた頃、大和郡山市は隣の市なのにちゃんと町を歩いたことがなかったので
ほぼ初潜入という感じでございました。
大和郡山と言えば金魚で有名なのです。いたるところに金魚がおりました♪


a0347200_21361071.jpg






















近鉄郡山駅の改札を出るとすぐに「郡山駅前商店街」があり、
ここをしばらく行くと十字に「柳町商店街」があります。
本と雑貨の「とほん」、和菓子の城之口で有名な「本家菊屋本店」もこの辺りにあります。
とほんさんで本を買い、少しおしゃべりして、菊屋でお茶と城之口のセットでちょっといっぷく。
とほん
本家菊屋


a0347200_21363431.jpg






















柳町商店街にある路地を行きますと有名な遊郭跡「洞泉寺町」があります。
大和郡山市に寄付され文化遺産となっている大妓楼「旧川本家」を中心に
当時の建物がそのままの姿で残っておりました。
今はひっそりしていますが、町内には「源九郎稲荷神社」やお寺があり、
こちらに参拝する人や遊郭に遊びにくる人などで、
当時はさぞ華やかで賑やかだったことであろうと思います。
路地の入り口には一匹の猫が....、小説の中に入って行くそんな感覚をおぼえました。


a0347200_21365430.jpg
























郡山城といえば有名なのは豊臣秀吉の実弟 秀長のお城であったということ。
少し調べてみるとその後徳川の旗本であった本多家の城になり、
またそののちは家老もつとめた柳沢家のお城となっていて、
大和・紀伊・和泉100万石の中心だったとのことでした。
安土桃山時代から江戸時代は奈良の中心は大和郡山だったんだ!
とわかりびっくりしました。
(先に紹介した本家菊屋のお菓子の名前「城之口」はお城の外堀の入り口の
茶店で販売していたから「城の入り口」ということからきているとのこと)
奈良といえば古代は天皇家が中心に栄え、
都が京都に移ってからは東大寺や興福寺などのお寺や神社が
中心に栄えたことしか知りませんでしたが、
実は戦国時代後から江戸時代終わるまではこの大和郡山が中心であったという事は
ほんとに私の中での大きな発見でした。


a0347200_21371540.jpg























奈良市の隣りにある大和郡山市、奈良市とは全然違う
武士の歴史が残る町でありました。
大和郡山散策少しの時間でしたがおもしろかった、
ほんとに面白かったです。


[PR]
# by torotoro-tabi | 2015-07-07 21:29 | 奈良
古都 明日香村(飛鳥)
今回の奈良里帰りの際、ひとり飛鳥と大和郡山に行ってきました。
その模様を少しまとめて紹介したいと思います。
朝9時過ぎ近鉄電車で橿原神宮前駅に行きました。1日周遊バスチケットを買い、地元のバスに乗りまず向かったのは「飛鳥資料館」。飛鳥時代とは天武天皇、持統天皇の頃この地が都であり、日本の中心になっていた場所。白村江の戦いで倭国(日本)、百済軍が敗れ、30年間遣唐使を廃止して唐から国を守るべく必死で律令国家づくりに励んでいた頃です。
飛鳥資料館に入るとシーンとした静かな空間の中、神秘な古代の世界に引き込まれていく感じがしました。
こちらは飛鳥資料館のHPでも紹介されている「WORLD ORDER」とコラボしている映像です。





飛鳥資料館
http://www.nabunken.go.jp/asuka/index.html
http://www.nabunken.go.jp/asuka/special/kairo/index.html

あいにくの雨でしたので資料館巡りに徹しようと次に訪れたのは「県立万葉文化館」。
ホールや美術館もある大きな施設です。(奈良にふさわしい『万葉集』を中心とした古代文化に関する総合文化拠点として平成13年9月15日(土)に明日香村に建設) 地下の一般展示室でタイムトリップを楽しんでおりました。
奈良県立万葉文化館
http://www.manyo.jp/


a0347200_21273028.jpg
[PR]
# by torotoro-tabi | 2015-07-07 21:21 | 奈良
2014夏の岡山での豆本イベントと倉敷散策。
昨日、8/23(土)はいつもお世話になっている甘茶手帖の黒星さんと
連れ添って岡山、倉敷に行って参りました。
岡山での目的は先日から紹介していました花霞堂さんが参加されている
豆本のイベント「2014おかやま いま何どき 豆本どき!」です。


a0347200_15511497.jpg
















a0347200_15512086.jpg

















現地で花霞堂さんにもお会いできて嬉しかったです。
会場内は撮影禁止でしたので、様子をお伝えすることができないのが残念...。


a0347200_15512629.jpg


















私が購入したのはこちらの豆本です。
手前、古本「豆本談議」小笠原淳 編 随筆まめほん 第4集
昭和35年1月刊行 静岡にて作られています。

奥、新書「お着物デエト日記」ちびころ 作 手づくり豆本
2012年5月5日初版 5月31日改訂。
装丁に古布を使用されているとのこと。
中は可愛らしい絵とポエムのような文章。
乙女度のかなり高いかわいい豆本です。

次に向かうは倉敷美観地区!
バスで岡山駅にもどりJRに乗り換えて行きました。
倉敷は晴れてて日差しが暑かったので、商店街を通る方法をとりました。

今回行ったお店たち

a0347200_15513313.jpg


倉敷意匠 「アチブランチ」












a0347200_15513866.jpg


クラシキクラシカ













a0347200_15514579.jpg



蟲文庫













a0347200_15515053.jpg


KUKU インドカレーのお店














a0347200_15515561.jpg


神戸屋 喫茶店













この度購入したもの


a0347200_15520172.jpg












a0347200_15520672.jpg

















豆本イベントにて豆本2冊
倉敷意匠アチブランチにて紙もの、スナフキンのクリアファイル
クラシキクラシカにて、ポストカードとなめこ壁モチーフのオリジナルマステ
蟲文庫にて古本3冊
民芸屋さんにて麦わら帽子
倉敷駅にてきびだんご

甘茶手帖の黒星さん、おつき合いありがとうございました。
古本と紙ものと町並み巡りとお茶時間を楽しんだ日帰りの旅でした。
[PR]
# by torotoro-tabi | 2014-08-24 15:47 | 岡山
夏の尾道観光 旧志賀直哉邸、文学記念館。
先日7/30に、外国に暮らす友人家族と一緒に尾道に遊びに行きました。
コースは。。。。。
三軒家アパートメント→U2でランチ→山手路地散策
→志賀直哉旧居→帆雨亭→文学記念館
→千光寺→千光寺公園→ロープウェイで降りる
→商店街散歩→からさわでアイス!でした。


a0347200_15391323.jpg

←志賀直哉旧居。
この部屋で「暗夜行路」が生まれたとのこと。














a0347200_15395294.jpg
















↑は中1というのに路地好き♡という娘ちゃんのご希望で路地散策中。
真夏に尾道の山手を歩くのはかなり過酷(^^)。
すぐに休憩することに!帆雨亭の氷の文字に誘われて。



a0347200_15401447.jpg
















a0347200_15415440.jpg
















a0347200_15403124.jpg

















こちらのかき氷、すべてシロップは自家製手づくりシロップ。
いろいろあり迷いましたが、私は「梅シロップ」にしました。
主人は「プラム」。


a0347200_15424488.jpg
















他にレモン、ジンジャー、宇治、など。
どれもすごく美味しそう。
次にむかうは、文学記念館。
林芙美子など、尾道にゆかりのある文学者たちの展示がありました。


a0347200_15434110.jpg

林芙美子「放浪記」の初版本。
装丁が素敵です。













a0347200_15441302.jpg

林芙美子の愛用のメガネがかわいい。
文学記念館の建物も素晴らしい。
元は地元企業役員の福井邸。
庭付きの木造平屋建。











a0347200_15443426.jpg林芙美子の書斎を再現しているようです。
















a0347200_15450321.jpg

















↑文学記念館のおじさんにもらった、
著名人が尾道を想い詠んだ歌や書いた文を抜粋したもの。
今話題の柳原白蓮も短歌を詠んでおります。
歌行脚したときに千光寺や浄土寺に詣でて数首残してらっしゃるそうです。
尾道は昔から文人さんに愛された町なんですね。

さあ、次は千光寺公園まであがるよ!


a0347200_15453144.jpg
















a0347200_15454977.jpg

















↑途中、天寧寺の三重塔を眺めたり、中村憲吉旧居に寄ったり、
千光寺に寄ったりして千光寺公園に上がりました。
眺めは気持ちよかったです。帰りはロープウェイ!
迫力満点、楽し過ぎて写真撮り忘れました〜。


a0347200_15460646.jpg


















↑最後は海岸にあるからさわアイスで締めと会いなりました!
お疲れさま、夏のいい思い出になったかな〜。
私にとって10回以上訪れている尾道でしたが、
文学記念館や志賀直哉旧居、千光寺公園ははじめてでした。
また違った尾道の良さを知ることができました。
志賀直哉や林芙美子をもっと知ってから行くともっと楽しめたんだろうな。



次回までに「暗夜行路」や「放浪記」を読んでおこうと思います。
[PR]
# by torotoro-tabi | 2014-08-05 15:32 | 広島県尾道市
Bobbin Robbin(ボビンロビン)さんへ。
こまもの屋toro*toroで販売している
「ネッカチーフ」の生みの親 あやおり社のお2人に会いに、
京都 ボビンロビンさんにお邪魔してきました。


a0347200_15293621.jpg
右がボビンロビン店主 洋服等作られる伊藤さん
左が帽子作家のコンさんです。
素敵なお2人を前にドキドキウキウキでございました。
あ、お手に取られている「ネッカチーフ」1〜3を
toro*toroにて取り扱わせていただいてます。











a0347200_15300570.jpg
















売り切れていましたネッカチーフVol.3も追加で納品いただきました。
準備が整いましたらネットショップにも登場させますね。


a0347200_15302910.jpg

















この日はコンさんのかわいい帽子を購入させていただきました。


a0347200_15305261.jpg

















かわいい世界がギュッと詰まった「ボビンロビン」ほんとに素敵。
いろいろ一緒にする企画のお話も♡。
また具体的に決まりましたらお知らせしますね。
今後の展開をお見逃しなく♪





[PR]
# by torotoro-tabi | 2014-07-09 15:27 | 京都
イノダコーヒ 本店と京都御所。
先日、実家の法事のため1人里帰りしておりまして、
そのときに少しですが京都にも行ってきました。
早朝6時呉駅発の高速バスに乗り大阪駅まで
→阪急京都線特急に乗り烏丸駅で下車。
まず 向かったのは....イノダコーヒ 本店です。

a0347200_14580851.jpg





1940年創業の老舗の喫茶店。禁煙席は2階。
らせん階段を上がり、下を覗ける端の席に着きました。
1階のガラスの外のお席はよくカフェ本で紹介されている
チェックのテーブルクロスの席





a0347200_15212943.jpg










こんな色の青バージョンでした。
このお席が横に並んで4席ございました。向こうには小さな噴水があります。
ものすごく写真に撮りたかったのですが、グッと我慢して目に焼き付けてきました。
老舗のカフェらしく、お客さんの層もご年配が多くて。
京都に根付いている地元のカフェだわ〜とうっとりしておりました。
この日はエビピラフと冷製スープともちろんコーヒ。
念願のイノダコーヒ、やっぱりかっこいい。
(家族へは「アラビアの真珠」のコーヒー豆をおみやげに購入)

そこからてくてく堺町通を北に向かって突き当たりますと、
京都御苑にたどりつきました。

a0347200_15203854.jpg
















この前は何度か通ったことがあるのですが、中に入るのははじめてでした。


a0347200_15221535.jpg
















とにかく広い、砂利をどんだけ運んだんだろうとか考えてしまいました...


a0347200_15224017.jpg

















この中は普段は入れない「京都御所」です。昔 帝がおられた場所。

京都御苑を突っ切って今出川まで行ったのですが、
想像していた以上に広くて長かった。すごかった。
京都御所の中にいつか入ってみたいです。




[PR]
# by torotoro-tabi | 2014-07-09 14:55 | 京都
岡山と倉敷 日帰りのおでかけ その2。(GWレポート3)
夢二郷土美術館の次に向かうは念願の倉敷でございます。
子どもの頃から倉敷は素敵だということをいろんな方から教えていただいておりましたが、
実際訪れるのは今回がはじめてでした。ずっとずっと行きたいと思っておりました。
はじめまして倉敷!いきなりタイムトリップしたかのような風景。
倉敷美観地区といわれている通りのなんと広くて長いこと。

a0347200_14514181.jpg













a0347200_14520776.jpgなんと大きな蔵だこと。













a0347200_14524938.jpg















この旅一番の出来事は「大原家別邸 有隣荘」の中に入れたことです!
昔の建物探訪に目がない私にとっては大興奮な出来事でした。
(室内撮影禁止でしたので大原美術館ミュージアムショップにて本を買いました)


a0347200_14531274.jpg


















もちろん大原美術館にも行きましたよ!
(思っていたよりも大きな美術館で、時間内に最後まで回りきれなかった)
藤田嗣治の『舞踏会の前』が見れたのがよかったです。


a0347200_14535257.jpg














5/7はGWあけということでお休みにされていたお店も多かったです。
この喫茶店もお休みされていました。
とても可愛かったので店先だけでもと思い、撮影しました。


a0347200_14541094.jpg













a0347200_14541634.jpg















窓下にあるレリーフがほんとに可愛くて。
次はこの喫茶店でコーヒーをいただきたいです。

岡山、倉敷
行きたかったけど行けれなかった箇所がまだまだございます。
なんども行きたい....。
今回、ほんとに行ってよかった。いい刺激もらった。
旅するって、ほんとに大事。




[PR]
# by torotoro-tabi | 2014-05-08 14:47 | 岡山
岡山と倉敷 日帰りのおでかけ その1。(GWレポート2)
念願の岡山、倉敷に行ってきました。
子どものスポーツ試合では訪れたことはあったのですが、
ゆっくり楽しむのは今回がはじめてでした。

まずは岡山まで行きました。
ちょうどお昼ごろでしたのでまずは腹ごしらえということで、
iPhoneでさがして見つけたお店です。


a0347200_14430284.jpg















a0347200_14433157.jpg
















かやくめしの店 弁慶


メニューが 「かやくご飯とあさり汁」か「かやくご飯と豚汁」
だけという超シンプルなお店です。
かやくご飯は何杯でもおかわり自由で、
店主さんが「はい、おかわりは!?」って気前よく言ってくださります。
あさり汁は注文受けてからザルで洗って作られるので
身もプリプリ、しかも大粒。やまもりに盛られています。
かやくご飯、遠慮なく2杯食べました。
めちゃめちゃお腹いっぱいになりました。
漬け物も3種類あり、こちらも美味しかった〜
岡山に来て、適当に見つけてはじめて入ったお店が大当たりでした。

常連さんの様子で知ったのですが、
豚汁とあさり汁のどちらも注文できる「ハーフ」というのもアリみたい。
隣にコインパーキングがあり、100円で停めれます。
1人840円。店の大将もいい人でした。


a0347200_14442497.jpg

















さて、そこから次へ向かうはお目当ての「夢二郷土美術館」
竹久夢二は岡山出身なのですね〜。
今年は生誕130周年ということで、
岡山の町を走るチンチン電車も夢二仕様のものを見かけました。


a0347200_14444367.jpg

















夢二郷土美術館のミュージアムショップでこちらを買いました。
今も色褪せない夢二のモチーフ。
当時たまきと夢二の店 港屋の人気はすごかったことと思います。
美術館にあった資料に(花子とアンの蓮子さんのモデルと言われている)
柳原白蓮も港屋に通ったとありました。
大正ロマンの時代、髪に大きなリボンをつけて
袴や着物の女学生たちがうっとりしながら
皆 港屋へと通ったことでしょう....。




[PR]
# by torotoro-tabi | 2014-05-08 14:39 | 岡山
桜花爛漫の京都を満喫してきました その2。
倉日用品店にてお買い物楽しんだあと、次の日大学生になる娘と
合流するために息子と祇園方面に移動〜。

a0347200_14355455.jpg















a0347200_14363324.jpg
















四条大橋から鴨川を望みます。やわらかい春の景色にうっとり。
祇園の食堂で簡単に夕食し、円山公園の夜桜見物へ。
円山公園のしだれ桜。。。。圧巻でした〜。


a0347200_14365561.jpg
















そして、あこがれの長楽館でお茶しました。
お茶だけでも入れるんです!!お店の方もすごく親切。
次はフランス料理で訪れたいです。泊まってもみたいけど。。。

そして次の日の4/1は入学式、こちらも無事終了!
そしていろんな大学生からサークルの勧誘が♪
なんとわたくしにもビラが♡「私父兄ですよ」
「えっ?学生と思いましたよ〜笑」な〜んて(笑)。
そんなやりとりをしてくださって ま〜楽しかったです。


a0347200_14374627.jpg

















さあさあ、娘はいったいどんな学生生活をおくるんでしょうか。
4年間、京都学生ライフをしっかり楽しんでもらいたいです。
(母も楽しませてもらいまっせ〜♪)

[PR]
# by torotoro-tabi | 2014-04-03 14:33 | 京都