旅のレポートをこちらに綴っております。旅をされる参考になれば幸いです。
by torotoro-tabi
カテゴリ
広島県呉市
広島県江田島市
広島県尾道市
広島県竹原市
広島県福山市
広島県その他
奈良
京都
東京
岡山
鎌倉
四国地方
ハワイ
その他のジャンル
鉄道がかわいくて。
もう1つ このツアーで楽しめたのが鉄道です。
(鉄道オタクではないのですが、まあ楽しかった)
普段奈良では近鉄を使う私、久しぶりにJR奈良駅を利用することに、
JR奈良駅でも加茂行きに乗るのははじめてて、スタートからドキドキの鉄道の旅でございました。
ルートは...
JR関西本戦 加茂行
奈良駅→加茂駅
のりかえ
JR関西本戦 亀山行
加茂駅→柘植(つげ)駅
のりかえ
JR草津線 草津行
柘植駅→貴生川(きぶがわ)駅
のりかえ
近江鉄道 米原行
貴生川駅→水口石橋駅
ここから徒歩で旧水口図書館へ。。。
朝から3回乗り換えるしかも行ったことのない駅や路線を....
(まるで「乗り鉄」の鉄子のよう〜。面白かったから、ほんま鉄子になるかも)

朝、7:13発、京都のイベントでたぶん疲れているはずだから、
きっと寝てしまうかもしれない、でも、ギリギリ到着のスケジュールだから
乗り過ごすわけにはいかない、どれも本数、めちゃ少ない路線ばかりだし。
3回も乗り継がねばならないし、大丈夫か!?
そんな気持ちで電車へと乗り込み出発したのであります。

奈良から加茂はすぐで、心配なのは1時間乗る亀山行。
しかし乗って一気にテンションがあがり、眠気が飛んでいきました。
だって車内こんな感じなんです〜。


a0347200_23052027.jpg
なが〜いソファーのような椅子。
まるでお部屋のよう。














a0347200_23082187.jpg

車窓から飛び込んで来る景色は
ダイナミックで美しい木津川の流れ!













a0347200_23080619.jpg


















運転席や車掌さんがいるところとの仕切りがなっ なんと ないではないか!
超楽しくてあっちを見たりこっちを見たり!
(伊賀上野駅には止まっている くの一 の顔のピンクの伊賀鉄道の車両も見れた)
そんな状態でしたので、「眠たくなって乗り過ごしたらどうしよう」という心配は皆無でございました。
あっと言う間に1時間たち、次にJR草津行きへのりかえです。

貴生川駅から近江鉄道へ無事到着。
近江鉄道はicoca使えません。なので切符を改札で購入。


a0347200_23103371.jpg

うそ〜、なつかしい〜!
現役でこのタイプなの!!!!
超かわいい〜。













プラットホームのベンチのポップかわいさにもやられました。


a0347200_23132545.jpg
















電車は行きはレモンイエロー、帰りは水色というパステルカラーの
キュートなお色で、電車も写真を撮るんだった....と本気で後悔....。
(電車を撮らなかったことを後悔しているということはもしかして鉄子の仲間入りしてる?)

まったくこんなに電車で楽しくなってしまうとは思いもしてなくて、
JR奈良駅からの滋賀水口への2時間かかる移動はあっと言うまでございました。
地方の電車の旅、いいですね〜。これからの旅の仕方ちょっとまた変わりそうです。

これで、京都.滋賀のお話はおしまい。
長々とおつき合いありがとうございました。






[PR]
# by torotoro-tabi | 2015-11-25 22:50 | 京都
京都大学学祭へ行って来ました。
京都、滋賀のイベント参加するということは、ちょっとした旅になるわけで、
空いた時間や移動時間を多いに楽しまなきゃ損!しっかり楽しんできました。

11/22ボビンロビンでのイベント2日目の午前中を使い、
ちょうど開催中の京都大学の学祭(NF)へ!高校生以来の約30年ぶり。
この頃は憧れの大学生〜という感じで楽しんでおりましたが、
この歳になって行ってみると、やはり親目線。。。かなり年月を感じました(笑)。


a0347200_22422860.jpg

















まず、受付で学祭のパンフレットを買いました。
3時間しか時間はないのでハズレるわけには行きません。
けっこう吟味して2カ所に向かう事に。
どちらもあるのは「吉田キャンパス」でした。


a0347200_22425059.jpg
















最初にめざしたのは「戦国大名屋敷」!
ダンボールで鎧を作って来たお侍さんが下克上を救ってくれと課題をなげかけてきました。
台車に乗せられて流鏑馬を模したことをし、刀でたたいてじゃんけんぽんをし、
最後は腕相撲をし、戦国武将占いをしたら細川忠興だと言われました。
(なかなか楽しかったです 笑!)


a0347200_22431799.jpg

















もう1つは「女装喫茶」。20年前からある伝統喫茶。
好きな女装を指名するシステム。看護婦か着物の2人しか余ってなくて、
着物をご指名。2回生農学部男子くんでございました。ご指名なんてしたのはじめて!
2ショット写真も撮らせてくれましたが、ま、ここでは画像は名誉のためにやめておきましょう。
あ、でもかわいい男の子でしたよ〜。けっこう楽しかったです。女装男子いわく、サークルなじんだ10月頃、実はこのサークルは女装喫茶するのが伝統だと打ち明けられるらしいです。今更断れないのでみんながんばるのだそうです。衣装は代々引き継がれているとのこと。とはいえ、京大生の女装男子とおしゃべりするなんて、なかなかレアな体験、面白かったです。
そんなこんなしてると、イベントのはじめる時間となりそうだったので後ろ髪引かれながら京大NFを後にしたのでした。
[PR]
# by torotoro-tabi | 2015-11-25 22:39 | 京都
鎌倉大仏と鶴岡八幡宮
最終日 鎌倉。
鎌倉文学館をたっぷり堪能したあと、すぐ側にあった「茜屋」さんで
釜揚げしらす定食を食べて腹ごしらえしました。
そして向かったのは鎌倉大仏!!


a0347200_22201591.jpg















奈良出身ですので奈良の大仏は数えきれないぐらい見ておりますが、
鎌倉の大仏は今回はじめてでした。そして思った事。
外にいはる!写真撮っていいんだ〜。大仏の身体の中に入れる。さわれる。
頭の上に鳥がとまって休憩してる。なんて、なんて、身近な大仏さまなんだろう。
奈良の大仏さまは撮影禁止なんです。
だから↑のような写真は絶対写せない。。。
この写真とっても気に入っています。

そして、鶴岡八幡宮にもお参りに行ってきました。
戦国武将は戦の前にここに来て必勝をねがったとか...
1人留守番の息子のために「勝守」を購入しました。


a0347200_22320214.jpg

















しかし、この日もとっても暑くて。。。。
最後はつめた〜いスイーツでこの旅の締めとしたいと思います。


a0347200_22323188.jpg

















私はこちら大きなプリンとアイスコーヒー
娘はかき氷
主人はアイスクリーム

東京 鎌倉の旅。楽しかった。
他にもまだまだ行けていない場所がたくさん。
そして、今回の旅でまた行きたくなった場所も。
また時間を見つけて、お金を貯めて行こうと思います


[PR]
# by torotoro-tabi | 2015-08-20 22:17 | 鎌倉
鎌倉文学館 (旧 前田家別邸)
最終日 鎌倉。

かわいい江ノ電を堪能した次に向かうは「鎌倉文学館」。由比ケ浜駅下車。
(たまたま東京出張だった主人と途中江ノ電から合流)

現在は鎌倉文学館として利用されていますが、
元は旧前田侯爵家の別邸でありました。(昭和11年に建てられた)
今回の旅旧岩崎家に続いて、2つ目の洋館でございます。
(前日は加賀藩跡の東大にも行ってたから、2日続いて前田家におじゃましてる 笑)

鎌倉文学館では
鎌倉を愛していた300を超える文豪のことをいろいろ紹介されていました。
例えば....
川端康成、小林秀雄、夏目漱石、泉鏡花、芥川龍之介、有島武郎、島崎藤村
与謝野晶子、高浜虚子、中原中也、岡本かの子、吉屋信子、等。。。。。。。。
風光明媚で情緒たっぷりな鎌倉。
すばらしい作品がたくさん生まれたのも首肯けます。


a0347200_22152745.jpg






















三島由紀夫の「春の雪」の別荘のモデルだったとか。
三島は鎌倉の川端康成の家によく訪れていたとどこかの本に書かれていたな...。
最終日 鎌倉




[PR]
# by torotoro-tabi | 2015-08-20 22:14 | 鎌倉
鎌倉 江の電に乗る。
最終日 鎌倉。

3日の朝、世話になった叔母の家を出て向かうは鎌倉。

まずは乗りたかった可愛い江ノ電に乗る。
あの目の前が海で有名な「鎌倉高校前駅」に降りてみた。
青春って感じの駅だった!目の前に湘南海岸が広がって、
サーファーが波乗りしてて、なんておしゃれな海。
日常とは景色の色が違う、そんな気がした。


a0347200_22125250.jpg






















オフコースの「夏の日」が脳裏に流れてきた。
最終日 鎌倉。




[PR]
# by torotoro-tabi | 2015-08-20 22:10 | 鎌倉
銀座 奥野ビル探検と千疋屋のフルーツパフェ
東大の周辺をかなり散策した後、次に向かったのは東京銀座!
銀座ってほんとにいろんな顔を持つ街だな〜と思います。
有名なのは高級ブランド街や高級百貨店ですが、
私の好きな銀座はなんといっても老舗!!!!
行きたい老舗はいろいろあったのですが、なんせ時間があまりない...
という事で、今回は「奥野ビル探検」(娘が推薦)と銀座千疋屋フルーツパーラー
の2カ所に行ってきました。


a0347200_22085091.jpg






























奥野ビルとは…
銀座1丁目にあります。
昭和7年に建てられ「銀座アパートメント」とよばれていた。その当時の高級アパート。
7階建てて、なんとエレベーターは手動で開け閉めするタイプ。
(乗って来ましたよ〜ドキドキでした)
江戸川乱歩の小説に出てきそうな空間!!!!かっこいい〜
現在は小さなギャラリーやアトリエとして使用。
この場所、娘が教えてくれて訪れたのですが 面白かった〜。

東京2日目の〆は、
日本で一番高級なメロンを販売している銀座千疋屋へ!
1個20000円もするメロンは買えないので2Fのフルーツパーラーで
フルーツパフェを食べました。(←とは言え高級ランチ並みのお値段)
ほんとに美味しかったのか、娘は超気に入っておりました。
また絶対来ると言っとりました 笑!いい思い出になりました。




[PR]
# by torotoro-tabi | 2015-08-20 22:06 | 東京
本郷3丁目
東大の側に行けるならぜひ行きたいお肉屋さんがございました。
2009年12月にNHKで放送された『ブラタモリ』(久保田アナがアシスタントの頃)
本郷台地で紹介されていたあの『まるや肉店』のことです。
そちらでは店先で、「本郷菊坂文人ウォーキング」という地図を販売されているのです。
文豪たちがまだ若かりし頃下宿していた場所を似顔絵で示しているという超マニアックな地図!
ほしい、そしてこの地図を片手に下宿先だった跡を探しながら歩きたい。
しかし、6年も前の放送の情報、まだちゃんとあるのか!?
ありました〜〜〜〜〜〜。うれしい〜〜〜〜。


a0347200_21575261.jpg
















名物菊坂コロッケをほうばりながら....。
お店のお姉さんもとってもいい人〜。いろいろおしゃべりも楽しかったです。
時間があればこれを見ながらそのまま追跡したいのですが、
時間はもう夕方....。この地図を持って歩くのは次回のお楽しみにおいておきます。
(この地図を頼りに、文豪たちの事もしっかり調べてまたこの場所にくるぞ)
で、駅を探しながら歩いていると!!
あの知る人ぞ知るおしゃれな輸入文房具屋さんの「スコス」を発見♪


a0347200_21590723.jpg
















私の持ってるお気に入りの雑誌や文房具の本によく登場する
あのスコスではありませんか!!!!
偶然に見つけてしまい、テンション上がって時間ないので店内へ。
紙ものや筆記用具、書類ケースなど、いろいろ購入。
(やっぱりおしゃれやった!雑誌でよく見てた憧れの店主さんとちょっとしゃべれました)

[PR]
# by torotoro-tabi | 2015-08-20 21:56 | 東京
旧岩崎邸
東京2日目。
東京大学の次にむかったのは「旧岩崎邸」。
東京の古い洋館といえば、まずはここ行っとかなくっちゃ〜というほど有名な場所。
あの三菱財閥の創始者「岩崎弥太郎」がここに広大な土地を買い、
弥太郎の息子の岩崎久弥(3代目)がイギリス人建築家ジョサイヤ・コンドルに設計させつくらせました。


1階の庭を望む窓から外にむかってちょっと妄想〜。
「おにいさま〜、そろそろお食事よ、もどっていらして〜」


a0347200_21545839.jpg























とにかく豪華そのもの。こだわりがハンパないです。
当主久弥さんは日々仕事で忙しい中、
自宅に帰ってお気に入りの書斎で1人ゆっくり本を読むのがお好きだったとか。
奥方の寧子(しずこ)夫人(保科正益子爵の長女)や子どもたちとの写真も展示してありました。
写真の寧子夫人はとても清楚で美しくて...、
さぞこの洋館がお似合いの奥様だったことでしょう。

この時代の洋館の特徴といえば、和洋折衷であり、
洋館部分は接待用で、日常は和館側で生活されていました。
和館側も超豪華!軒先の長さにビックリ!
こちらではお庭を見ながらお抹茶セットやかき氷、アイスなどの
甘味をいただけるようになっています。

いろんな映画やドラマにも実は登場していて、
明治の頃に思いをはせて、私の妄想は止まりませんでした。

[PR]
# by torotoro-tabi | 2015-08-20 21:53 | 東京
東大
東京2日目。
次に向かったのは東京大学。
先に行った弥生美術館竹久夢二美術館のすぐ隣りです。
東大に訪れたのはこの日が2回目、18歳の春に行ったことがありました。

安田講堂→食堂→いちょう並木→三四郎池→赤門。


a0347200_21515464.jpg
































校内の建物や雰囲気は歴史を刻んできただけあってほんとにカッコイイ。
行きのバスの中で観た映画が「マイ バック ページ」という、ちょうど学生紛争の頃の話で
あの頃この安田講堂は大変だったろうに...。

食堂は地下にあって、モダンな雰囲気。
次来る機会があるならここで食事をしたい。

三四郎池を夏目漱石の「三四郎」を思い出しながらぐるっと1周。
三四郎がはじめて美禰子と出会うシーンを想像しました。
(ちょうどあのシーンとと同じ夏だわ!) 

赤門、東大は加賀藩前田家があった場所。
11代将軍徳川家斉の娘を嫁にもらうのに造られた門です。
前来た時は閉まっていたので、今回はくぐれてよかった♪

東大、まだまだ探検したいのですが。
今回はこれが時間の限界のため次へ移動します。

[PR]
# by torotoro-tabi | 2015-08-20 21:49 | 東京
弥生美術館、竹久夢二美術館。
東京2日目。
まず向かったのは「東大前駅」にある弥生美術館竹久夢二美術館
大好きな大正〜昭和にかけて活躍した挿絵画家の作品などを見る事ができます。
今回は特別展として「森本美由紀展」が開催されていました。
昭和80年代〜2013年までイラストレーターとして
大活躍されていた森本美由紀さん。
私の場合特に覚えているのはピチカートファイブのCDケースの絵や
雑誌「mc Sister」ですね。高校時代に一生懸命読んでいた記事には
必ずと言っていいほど森本さんのイラストや文字があったと思います。
なつかしさでいっぱいになりました。


a0347200_21450674.jpg





















常設されている高畠華宵や竹久夢二も素敵でした。
弥生美術館の本を何冊かもっていましたので、
実際行けてほんとにうれしかったです。
お昼はお隣の喫茶店「港や」にて野菜カレーを注文。
注文してから昨日も昼間カレーだったことに気づく...。
ま、どちらも美味しかったから良しとします。




[PR]
# by torotoro-tabi | 2015-08-20 21:43 | 東京